ユースケース WG

社会におけるAI・データ活用を促進するためには、AI・データが社会で活躍する具体的な利用シーン(=ユースケース)を描くことが必要不可欠です。
そのため、我々は2030年頃の社会課題、価値観、AI技術からAI・データ活用のアイデアを発想し、そのアイデアをユースケースとして策定します。
さらに、ユースケースの実現に向けて、必要な技術・制度・データ等を再検討し、ユーザーや社会への受容・浸透をプランニングします。

活動コンセプト

遠い将来のAI活用ユースケースを先に描き、その実現のために企業・社会で必要な取り組み・変化をプランニングします。

活動内容

将来のユースケース策定のため議論しております。2017年度は、8月から2回活動。今後も月1~2回ペースで活動予定。

最近の投稿

参加企業

  • アズビル金門株式会社
  • 株式会社OKIソフトウェア
  • 株式会社タクマ
  • 株式会社東芝
  • 株式会社野村総合研究所