AIサービスシステムWG


コンセプト

・経験と勘に支えられていて再現性の低いサービスシステムの計算モデル化を試み、
 継続的な向上・新たな価値創出を目指す。
・価値観に関する共通表現を創出。
・目的に応じたイベント設計を可能に。

目的

【サービスシステムの計算モデル化】

本WGでは,
サービス = ステークホルダー間の価値のやりとりとする

 
サービスシステムとは = サービスを実行するシステム
(制御する対象となる工学的システムの中に人も含めるものとする)

サービスシステムを計算モデルとして構築し、

実社会ビッグデータを活用した持続的な価値向上を実現する

WG特徴

◆全国各地のコンソーシアム会員企業や、他のWGとの強い連携。
◆実際のイベント現場での社会適応。
◆PLASMAとPOSEIDONの最新バージョンを活用。

  • 活動場所候補
    サイエンスアゴラ、日本科学未来館、久留米、安来、Smart Sensing
  • WGメンバー
    ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、科学技術振興機構(JST)、株式会社クリアタクト、株式会社JTBコミュニケーションデザイン、応用技術株式会社、株式会社東急エージェンシー、潤間励子先生(千葉大学 総合安全衛生管理機構)
  • 連携WG
    社会課題解決WG、AIツールWG、AIリビングラボWG、観光WG、ユースケースWG、教育WG、神戸支部WG、関西支部WG、九州支部WG、他
  • 連携先大学
    千葉大学など

活動例

<随時更新予定>


技術紹介(PLASMA、POSEIDON、FS-DMP)