技術紹介

サービスシステムの計算モデル化を行う技術

サービスを実社会ビッグデータを通じて計算モデルとして構築することで、AI技術によってサービスの価値向上、生産性向上、リスク・コスト低減、マネジメントやオペレーションの支援が実現します。

本技術は現在、 NEDO 委託事業「次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発/人工知能技術の社会実装に向けた研究開発・実証及び人工知能技術の適用領域を広げる研究開発/サイバーフィジカルバリューチェーンの構築・AI導入加速技術の研究開発」で研究を進めています。

PLASMA:計算モデル化のプログラム

(NEDOプロ成果)

【説明会資料】

【コンセプト 紹介動画】

【操作手順 動画】

【PLASMA説明会 (2020年2月28日) 録画】




POSEIDON:サービスシステムの価値評価に関するデータ収集・対話システム(AIタッチラリー)

(NEDOプロ成果)

【紹介資料】

【紹介動画】



FS-DMP

(NEDOプロ成果)

【操作 紹介動画】


 

「ユースケース/コンセプトムービー」